ランウェイ終了

2019.1
29

島根県民会館にて行われたダンス公演”ランウェイ”も無事おわり、今年は雪に翻弄されることなく無事帰ってきました。
短時間で作品が作られていく過程は不安と予想しないこと、時間との格闘、そして予測できない感動的な瞬間とがまぜこぜになって積み上がっていく。とても大変な時間だけどもとても面白い時間に立ち会えていると思いました。
素晴らしいスタッフの皆さんとミュージシャンそして様々なバックグラウンドを持つダンサーズたちとの濃密な時間はあっという間。また会いたいな。

本来の舞台の上に舞台を組み、本来の客席に長いランウェイを作ってある舞台。
素晴らしい格好いい!生演奏!3人のミュージシャン
関わったいただいた皆様。打ち上げ後の一枚。はしゃいでいる。

松江は島根県を代表する史跡や社寺が集中していて、今回帰る前に風土記の丘や国宝の神社など見せていただく。
神魂(かもす)神社は間違いなく神がいる!と体で感じる崇高な場所でした。体で感じるあの感覚って不思議です。でも本物です。
風土記の丘で見た現地で発掘された埴輪たちが、、も〜うかわいすぎる。おーいはに丸くんを思い出し口ずさんでしまう。あの顔がなんともいえない。

埴輪。なんともいえない表情。
タバマ企画メンバー5人。神のいる場所にて。

やついフェスに参加

2018.6
10

お笑い芸人のやついいちろうさん主催の

やついフェス

ミュージシャンからお笑い芸人まで300を超えるアーティスト達が集うフェスが6/16.17に渋谷で行われるのですが、今回このイベントに参加する馬喰町バンドの一曲をダンサーとして出演させていただきます。


タバマ企画の女子4人が音楽をさらに盛り上げます。

富山公演終えて

2018.2
26

2日間の富山市民プラザでの公演無事終わりましてほっとしています。疲れたー!

ここまでが区切りと思っていたので、、というのも昨年の秋くらいから公演がつづいていたので、、、ほっとしすぎてこれからインフルエンザとかにかかってしまうかもしれない、とか思いながらだらだら明日からのことを考えています。

富山で踊らせてもらってもう5年。あっという間だった。子供達は体も精神も見るたびに大きくなっていて大人は会うたびに思いきり身体を動かすようになっている。こちらもそれを見るたびに刺激をもらい、続けている力ってすごいなぁとしみじみおもう。

今回はさをり織りの美術と衣装で、さをり織りを体験してみた。

たのしい。。。。でもすぐリハーサルがあったので出来上がりは10センチくらいの小さいものでしたがとても面白い体験。

衣装はこんな感じ。

松江公演終わりました

2018.1
30

雪の東京から飛ぶか飛ばないか、、不安の最中飛行機に乗り、無事米子空港に降り立ちました。前乗りのダンサーと合流してリハーサル

短くも濃い時間を過ごし無事公演を終了しました。今回は松江に在住の視覚障害の2人の女性が参加の作品でした。彼女たちのダンスは素晴らしくて身体の内側から出てくるその動きは誰にも真似できないもので、ぐつとくる瞬間が何度もありました。ダンスとはなんだろう、と改めて考えさせられました。

松江で関わってくださったスタッフの皆さんも暖かくまた仕事も出来る方々で本当に快適な松江滞在となりました。

東京に戻ってきた途端、人の多さにやられ、松江の町の美しさと穏やかさが恋しいー

富山にて

2018.1
14

本日

2時、3時、富山駅前にて踊ります。

田畑とカスヤの2人ユニット開運姉妹と

市民ダンサーのみんなです。昨日より北陸は寒波、そして豪雪!駅前ひとくる??と一抹の不安。

今回のパフォーマンスは2月に市民プラザでの公演のプロモーションも兼ねています。熱い市民ダンサーがまた2月もタバマ企画とともに踊ります。

人々集まれー!

Links

最近の記事
アーカイブ
カテゴリー