絵画てきな

2016.11
19

いつもこちら世界装置の作品を見に行くとこんな気持ちになる。

ダンスという一言ではなくて、どういうものと伝えればよいのかな、じんわりと独特な世界に入り込む。

絵画てきな感じもするしでも時を刻み変化して行くから身体の面白さもみることができる。

何かを見たときに何だろうこの感覚、とか何だろうこの気持ちは、とか考えることは楽しい。新しいものを見て感じで考える。答えを出すことが目的ではなくてその実感を重ねて行くことが今の興味なのであります。

世界装置のみなさん

   

公演中の美しい様子は写メできなかったので、終わった後の様子。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL:
http://marikori.com/dance/2787/trackback/

Links

最近の記事
アーカイブ
カテゴリー