ダンス合宿

2016.10
23

一泊二日のダンス合宿終わったー

怒涛の2日間でした。。駅に着いてまずはコーヒー。1人お疲れ様会。

  

小学1年生〜6年生までの30人相手にもはや格闘でした。12月にある本番に向けてのダンス作品15分を2日でつくる、、というやったことのない挑戦。

夜は合宿所でみんなでご飯をつくり、寝る。一日中エネルギーがみなぎる子供達にやや吸い取られながらも負けじとこちらもダンスエネルギーをぶつけ、なんとか15分の作品をつくった!

まだまだ本番まで良くなるように練習は必要だけど、半分意識がとんでしまう1年生や2年生のちびっこもよく2日間のダンス合宿がんばった!高学年は初めての動きにもなんとか挑戦して大声で注意されながらもめげすがんばった!

私はもうヘロヘロですが、同時にやりきった達成感でいっぱい。

合宿所はこんなとこ。

   

癒される〜、空気も星も綺麗な場所。

明日からは自分の作品つくりにも入らねばね。

 

ダンスダンス

2016.10
16

今週も始まりました、studio maricot

日曜日は比較的ダンスのクラスが多くなります。子供のダンスも月1から2で通っているだけでも会うたびに新しい身体の動きや表情がみれてみている私も楽しくなる。

開いていくこと。

なかなかできないかもしれないけれどダンスにはそれをすることができる。

何でも時間は要します。でも続けていると必ず変化があるんですよね。私が最近かんじることはまさにそのこと。継続は力なり。

明日も朝からピラティスクラスやりますよ!

12月に踊ります@宇都宮

2016.10
11

12月の16.17.18日

宇都宮beoffにて

踊ります

 

宇都宮で昔から知っている3人ですが、時を経てこのような公演で一緒にやることになるとはとても嬉しいです。この公演ではそれぞれの作品をやるのだけれど、、私はまだ考えてばかりでどんなことやりたいかなとむずむずイライラワクワク考える毎日。 

最近のダンス観賞 

2016.10
3

カミーユ・ボワテル「ヨブの話 ー善き人のいわれなき受難」@東京芸術劇場プレイハウスにて観劇。

久々に素晴らしい舞台でぐぐぐっときた。

始めの霞んだ灯からボワテルが見えてきてそこから身体と物との緻密だけどダイナミックな動きがすすんでいく。身体性も飛び抜けているけれどそこにある色と彼の放つパワーにすぐに引き込まれた。そして滑稽なんだけど切実さがその裏にはあって泣きそうになる。

舞台が、ダンスが、ちゃんと人の心に何かを与えこんなに揺さぶられるんだ。救われた。小さいことで血迷っているんじゃないぞ、と自分自身に勇気を与えてくれた。

また見たい、と思えるってすごいよ。。