あなどれないなぁ

2013.12
22

どうしてもまっすぐ家に帰りたくないときがある。
大抵お腹が軽く空いていてその上軽く疲れている。

今日は座り心地よい椅子のある某喫茶店にフラりと立ち寄った。
運の良いことに本読むのに一番合う椅子の場所が空いていた。隣は外国人(白人の方)で年賀状をかいていた。しかも漢字…見ちゃってごめんーねだけど。

斜め前にはおばさま二人組、賑やか二人組。

すると一人のおば様が突然私の隣の白人の方に
「これ…if you like…」と、おしぼりを一枚取り出してテーブルに置いたのです。
白人の方もポカンです。
なぜおしぼり。なぜ突然。
しかも彼は日本語ぺらぺらですから。

隣の私が何だか可笑しいきもちになりました。

おば様達は基本世話焼きです。そして恥をなくしてしまっています。自分の英語も試したいというチャレンジ精神もたかい。女は歳を重ねるとそうなるのでしょうか。
もう、あっぱれです。

日本で一番エネルギーがあるのはおば様たちです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL:
http://marikori.com/diary/1504/trackback/