突然やってくる

2014.2
3

風邪にかかりました。

丸2日、予定も狂って寝込み、汗をかき、熱と頭痛でもがき、ようやく復活の兆し、、の3日目です。

CIMG0077

 

お医者さんおもちゃではしゃぐ甥2歳。狂った医者。頭にへんな飾りを巻き付けた。

 

 

1月に入ってから田畑さんのPKT(パフォーマンスキッズトーキョー)のお手伝いで小学校を何回か訪問している。

PKTとは、、、

“芸術家と子どもたち”が、東京都・公益財団法人東京都歴史文化財団と、東京文化発信プロジェクトの一環として実施しているプロジェクトです。ダンスや演劇、音楽などの分野で活動するプロの現代アーティストを、都内の小中学校やホール・文化施設などに派遣。10日間程度のワークショップを行い、子どもたちが主役のオリジナルの舞台作品をつくりあげます。最後に発表公演を行い、多くの方々にワークショップの成果を発信していきます。

 

というもので、何回か通っているのだけれど、冬の学校というのはどこもかしこも寒い!

稽古を行うのも冷えきった体育館だし、教室もそんなに暖かくない、廊下は外のような冷えきりで逃げ場がありません。

確かに学校って寒かった思い出がある。上履きの中にホッカイロいれてたし。でも小学校のときはあまり感じてなかったかな。。。

などと考えていたらまんまと風邪を引きました。

 

前日まで、私ぜんぜん風邪ひっかな〜い!と調子に乗っていたらあっという間にやられました。

反省。。。

うがい手荒いストレスためない!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL:
http://marikori.com/diary/1535/trackback/