玉の湯

2014.9
21

今度の作品の10分くらいのデュオを踊り終えると、お腹が痛くなるようになった。

なんという身体の反応。

そんな感じで稽古猛烈に励んでいますが、、今日は休み。

 

夜が長く感じたので、銭湯に行く。

本日は玉の湯。家から自転車でぴゅっと3分。

前来たときより脱衣所が綺麗になったかも。薬湯が茶色で独特の薬草系の香りでよい!

水風呂にはいる。

足からじわじわと入り、ぶるっとしながら首まで浸かったとき、

すごーく寂しくなった。なんだろう、、海で溺れて死ぬときは冷たくって死ぬんじゃなくて寂しさ、孤独で

息が止まるんじゃないか、想像できない寂しさなのなか死んでいくのだろうなとよぎり、またぶるっとした。

銭湯にきてすごーく暗い発想だなとおもう。

人が少なくてのんびり入って帰宅。

 

正座をして身体を洗うまるい身体のおばあちゃんを思い出す。

白くておもちみたいだったな。。。。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL:
http://marikori.com/diary/1879/trackback/