風邪をひく

2015.6
13

風邪をひいた、というとなんだか皆慣れ親しんでいて、軽い感じがするけど

たまにやってくるこの病気はその言葉の響きよりも爆発的にきつい。

久々にやってきた風邪

夕方に喉痛いな〜扁桃腺が腫れてるなぁ〜と気付いたときにはもう遅かった、みるみる体調が悪くなった。

発熱。うなされる。幻覚。

もちろん立てる状態ではなく、仕事やリハーサルを休むことになる。迷惑かけまくりでもやもやな上頭痛と喉の痛みにもたえる。

風邪って不摂生とか免疫低下とか様々な要因が複合的に合わさった結果、出来上がったウィルスに負けてしまうのだ。

でも確実にその1番を占める要因は

ストレスだ

と思う。

精神が弱ったとき。イライラしてるとき。落ちてるときに、今やっ!と襲ってくるウィルスの憎きこと。

風邪とかいってあっさりな名前なのが許しがたい。。

どうかこの小さな声しか出せない、唾を飲み込むのさえ勇気のいることとなった、喉の腫れがひきますよう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL:
http://marikori.com/diary/2160/trackback/