富山公演終了~

2013.12
9

毎回思うことだけど、舞台を作り上げるためにはたくさんの人達が関わってようやく本番をすることができる。

そのことに毎回感謝で、がんばろうという気持ちがさらに深まる。
舞台の感動はそういうところからもくるのだと思う。

私にとって始めての富山県!たくさんの人達に出会い動き動かされて新しい作品が生まれたし、今回のメルヘンという作品が変容しつつ成長していくのを感じる1週間だった。

富山県の人達のWS作品は短い時間の練習にも関わらず22人の楽しい作品になった!みんなの1日の変化が大きくて始めは不安顔の人達もいたけどみんなの顔が自信や楽しい顔に変わっていった。県民性?なのか初対面はおとなしい感じ、知っていくと粘り強くがんばり屋と思った。一回の公演で終わってしまうのが寂しかったなあ。

image

立山!

image

富山ブラックを食す。
しょっぱい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL:
http://marikori.com/tabama-kikaku/1481/trackback/