2014.11
28

来週の南郷での本番に向け稽古続いております。

公演が続くという大事なときに、、、なぜにまたもや捻挫!?と自分でもあきれてしまうのだけれど、

なってしまったことはしょうがないのでリハビリ続けている。

でぶでぶぼてぼてしてた右足首は見た目はすっきりしてきてしかも普通に歩けるようになった。わーい。

ここ数年は足首の不安定さがもう当たり前で、ひねることはよくあることだった。4年ほど前にもひどい捻挫をした時手術をすすめられたりしたこともあって、もう骨も靭帯も戻らないししょうがないんだろうなー、とあきらめというか自暴自棄というか、何も特別なトレーニングををしてこなかった。
それでもだましだまし動き続け踊りに戻れていたし。。。
でもさすがにもうちゃんと足に優しくしなきゃ!!もうちょっとは動いていきたいしなぁ。

 そんなわけで教わったトレーニングで足の裏の感覚とか、足首からふくらはぎにかけての使い方とかいつもより考えるようになった。リハビリって何かを育てるような時間をかけて向き合っていく作業だな。と思う。

この短い期間で気づくこと見えてきたこともある。これも怪我の功名!ということでポジティブにとらえて乗り越えるであります。

 

DSC_1393 こちら南郷リハ。3人頭から突っ込んでます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL:
http://marikori.com/tabama-kikaku/1952/trackback/

Links

最近の記事
アーカイブ
カテゴリー