ランウェイ終了

2019.1
29

島根県民会館にて行われたダンス公演”ランウェイ”も無事おわり、今年は雪に翻弄されることなく無事帰ってきました。
短時間で作品が作られていく過程は不安と予想しないこと、時間との格闘、そして予測できない感動的な瞬間とがまぜこぜになって積み上がっていく。とても大変な時間だけどもとても面白い時間に立ち会えていると思いました。
素晴らしいスタッフの皆さんとミュージシャンそして様々なバックグラウンドを持つダンサーズたちとの濃密な時間はあっという間。また会いたいな。

本来の舞台の上に舞台を組み、本来の客席に長いランウェイを作ってある舞台。
素晴らしい格好いい!生演奏!3人のミュージシャン
関わったいただいた皆様。打ち上げ後の一枚。はしゃいでいる。

松江は島根県を代表する史跡や社寺が集中していて、今回帰る前に風土記の丘や国宝の神社など見せていただく。
神魂(かもす)神社は間違いなく神がいる!と体で感じる崇高な場所でした。体で感じるあの感覚って不思議です。でも本物です。
風土記の丘で見た現地で発掘された埴輪たちが、、も〜うかわいすぎる。おーいはに丸くんを思い出し口ずさんでしまう。あの顔がなんともいえない。

埴輪。なんともいえない表情。
タバマ企画メンバー5人。神のいる場所にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL:
http://marikori.com/tabama-kikaku/3145/trackback/

Links

最近の記事
アーカイブ
カテゴリー